Mapbox OpenStreetMap

OpenStreetMapは自由で編集可能な世界地図であり、世界各国から参加しているボランティアの手によって作成され、メンテナンスが行われています。私達のMapbox Streetは、OpenStreetMapが提供する全世界の道路や建物、地名などのオープンデータを利用して作成されている、カスタマイズ可能な地図レイヤです。アカウントの作成と編集は OpenStreetMap.orgから、数分程度で開始することができます。

私達のデータチームは、品質分析や皆様からのフィードバックをもとに、OpenStreetMapを更新しています。私達の活動はオープンに公開して行っています。参加はどなたでも可能です。マッピングプロジェクトへの参加は、オープン状態になっているIssueからお願いします。また、マッピングのベストプラクティスガイドも公開中です。These guides are maintained by Satoshi (nyampire) from OpenSteetMap Foundation Japan.

Sources

マッピングガイド

Sources

ストリートや建物、川や町そのものといった現実世界の地物を思い浮かべてください。OpenStreetMapに描かれているそれぞれの地物は、現実世界を観察した結果の産物です。観察行為は現地調査やGPSなどのセンサー、衛星写真、写真に映った光景から行うこが可能で、場合によってはサードパーティの団体が保有するデータのコピーなども行うことができます。 適切な 情報源を選択し、それらデータの 現在状況 をOpenStreetMapに記載することは非常に重要であり、それこそが素晴らしいマッピングの定義と言えます。

適切な情報源

マッピングを行う際には、マッピングの元情報として使う内容が適切であるかどうかを確認することが非常に重要です。その重要性は、トレースであってもデータのインポートであっても変わりません。私たちが適切に利用することができない情報源からの情報追加は行うことができません。もし利用しようとする情報源が使ってよいかどうかよくわからない場合、その情報源は利用しないでください。

OpenStreetMapに情報を追加する際に利用可能な情報源の例は以下の通りです。

  • 現地調査などを通じてあなたが知っている 地元知識
  • OpenStreetMapに対して明示的にトレースの許可が与えられた 衛星写真。例えば、BingやMapbox Satelliteなどが該当します
  • Mapillaryに掲載された写真
  • 店舗の住所文字列など、ウェブサイトに掲載された 原典情報 (訳註:日本でも事実情報として著作性はありませんが、念のためとして文字情報の転記も嫌うマッパーは少なくないことに注意ください)
  • ライセンス互換性のあるデータセット、例えばWikidataなど - 互換性のあるライセンスとは、CC0か、あるいはopen definitionに記載がありなおかつ継承条件(share-alike)を持たないライセンス、を指します。(訳註:この記載は誤りです。CC-BY4.0であってもODbLとのライセンス互換はありません。詳しくはOSMFのブログを参照し、データ配布元から明示的な利用許可を得てください。CC0はライセンス互換があり、許諾なく利用可能です)

以下の情報源は利用しないでください

  • 商業用地図 - ほとんどの種類の紙地図、あるいは例えばGoogle Maps(Google Street Viewを含む)
  • 明示的に許可が指定されていない情報源
  • その情報源が利用可能かどうか、判断に迷う場合

グループ調査

OpenStreetMapには、オリジナルの、つまりコミュニティメンバーによって収集されたデータが多く含まれています。こうしたデータはほとんどが現地調査の結果であり、調査とは別工程として、リモートマッピングを行う際に使われるものと同じエディタを使ってOpenStreetMapへの入力が行われます。以下は現地調査でよく使われるテクニックです。

OpenStreetMapを始めるにあたって最も簡単な方法は衛星画像からのトレースですが、現地を調査した結果として得られるデータはその地域をマップするにあたって非常に価値が高く、なおかつ収集に最も多くの時間を必要とします。

mapping-party

Ônibus Hackerと共にリオデジャネイロで2012年に開かれたマッピングパーティ

衛星写真のトレース

高解像度の衛星写真が利用可能になったことにより、OpenStreetMapのデータボリュームは爆発的に増加しました。画像を使った地物のトレースなど、OpenStreetMapへのデータ投入は飛躍的に速く簡潔になっています。現地調査の手法と比較して、衛星写真のトレースは非常に短時間で実施することができます。ただし、道路の名称や地名、学校や喫茶店などPOIに関する情報などは写真から読み取ることができませんので、すべての情報が得られるわけではありません。実際のところ、OpenStreetMapを構成しているデータの多くはトレースと現地調査の双方を組み合わせる - 最初に画像から得られる情報をなるべくトレースしておき、現地調査を行って詳細を追記するという手法で作成されています。

画像を使ってどのような分析が行われているかは、世界銀行が提供している 衛星画像に関する現状 を参照ください。

satellite-tracing

サードパーティ・データ

現在、行政や政府からを中心として、サードパーティによる様々なデータが利用可能になっています。もしそうしたデータが、ライセンス的に互換のある状態で提供されており、なおかつ品質もよいものであれば、それらを地図データの改善に利用することが可能です。インポートは既存のOpenStreetMapデータとの結合やデータクレンジングが必要でなり、複雑な手順が取られます。また、現地調査や衛星画像のトレースによるOpenStreetMapへのデータ編集は他のコミュニティメンバーとの調整を行わなくても実施できますが、インポートを行う際には正式な作業提案とコミュニティによる相互レビューが必須となります。これまでに行われたインポートは、私たちが主導したニューヨーク市の建物と住所情報のインポートや、アメリカで行われたアメリカ国勢調査局のTIGERデータインポートが例としてあげられます。以下のアニメーションは、ニューヨーク市で行われたデータインポート作業の進捗を表しています。

data-import

GPSプローブデータ

GPSトラックの収集については現地調査テクニックの項目で一度触れています。そうした手法以外に、例えば車両からシステム的に収集される大量のGPSデータも使われることがあります。そうしたデータは集計処理が行われ、地図上で書かれていなかったり位置がずれたりしている道路の存在や、間違った方向の一方通行データ、平均速度や最高速度の推定に利用されます。この手法は非常に高度な技術を要しますが、インポートとは違ってデータを直接的に編集するわけではないけれどもOpenStreetMapのデータを改善するための間接的な手法のひとつとしてここで紹介しておきます。


次の記事はありません
進む: Sources